寝具の選び方|ベビー用布団で赤ちゃんを守る|睡眠を快適にします

ベビー用布団で赤ちゃんを守る|睡眠を快適にします

寝具の選び方

赤子

大人用ではダメ

生まれたばかりの赤ちゃんには、大人が使っている布団は柔らかすぎます。首も据わってなく、寝返りも自分でできないので、万が一の事故が起こる可能性があるからです。などで、専用のベビー布団が必要になります。ベビー布団は、固いのがいちばんの特徴です。大人には固すぎる印象ですが、赤ちゃんにはちょうどいいのです。なかなか他のもので代用はしにくいので、少なくとも自分で寝返りができるようになるまでは、専用の布団で寝かせることが好ましいです。また、ベビーベッドにぴったりのサイズのものも多いです。ベッドを使わなくなったら、布団だけで使うことも可能です。他にも、お昼寝用の布団もあり、保育園なのにも持っていける大きさで、とても便利です。

防水シーツを使う

赤ちゃんはどうしても布団を汚してしまいます。寝ている間におしっこ漏れをしたり、ミルクを吐いてしまったり、よだれで汚れてしまったりと、本当に洗濯が絶えません。しかし、ベビー布団をその都度洗うこともできないので、防水シーツを付けて使うことが重要になります。また、防水シーツだけでは肌触りがあまりよくないので、キルティングパッドなどをさらに使うことで、赤ちゃんも快適に眠ることができます。中には、キルティングパッドに防水加工がされているものもあり、手軽に使うことができます。また、夏場は赤ちゃんはとても汗をかきやすいので、きちんと布団をかけるのではなく、タオルなど薄手のもので代用することが大事です。大人から見て寒そうと思っていても、赤ちゃんには暑かったりすることも多いので、赤ちゃんを見ながら調整することが大事です。